手の老化とは、手の血管の老化が原因!血管の若返り対策の食事とは?

手の血管の若返り 食事編

手の血管の若返り 食事編

 

血管を若返らせるには、内側からのケアが必要になります。

 

内側からのケアで一番大事なのが、毎日の食事です。

 

私達の体は食べ物からできています。

 

血管ももちろん、何を食べるかで、老化のスピードが変わってきます。

 

 

積極的に摂ったほうがよい食品

 

青魚・
青魚・・・・・・・青魚には血流促進、血管若返り食品です。
        青魚に多く含まれるEPAとDHAは、血液をさらさらにし、
        血管を拡張させ、血栓ができるリスクを抑える作用があります。

 

大豆食品
大豆食品・・・コレステロールがなく、タンパク質、皮質、
        各種ビタミンと皆ラルがバランスよく含まれており、
        これらの良質なタンパク質は血管を蘇らせます。

 

緑黄色野菜
緑黄色野菜・・色味の鮮やかな野菜や果物には、
         ファイトケミカルという抗酸化力の強い成分が含まれています。

 

食物繊維
食物繊維・・・海藻類、こんにゃく、果物は積極的に撮るとよいです。
        これらは、水溶性食物繊維と呼ばれ、
        糖質の吸収を穏やかにして血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。
        また、血管の中の血圧を上げる塩分とコレステロールの排泄を促し、
        血管への負担も軽減されます。
        不溶性の食物繊維は、腸を刺激して便通をよくしてくれます。
        ライ麦などの穀物や、野菜、きのこ類、豆類、イモ類など

 

 

※食事はバランスが重要です。

 

 これだけ摂ればよいというものではないんです。

手の血管の若返り対策 

手の血管の若返り 運動編

 

手の血管の若がり、一番に大事なものは食事ですが、

 

続いては運動です。

 

血管の若返りには運動は必要不可欠です。

 

普段の生活の中に運動の習慣を取り入れましょう。

 

 

 

体の血流を良くするには、下半身の筋肉が必須

 

筋肉は血管を刺激して、血流を促します。

 

下半身の筋肉を鍛えるには、「スクワット」がおすすめです。

 

スクワットは、お尻、太もも、ふくらはぎと、

 

体の中でも、大きな筋肉を均等に強化できます。

 

スクワット

スクワットの注意点

 

・足を肩幅に開く
・腰を落とす
・膝がつま先より前にでない
・床とふとももが平行状態で10秒キープ

 

*これを3〜10セットを目安に行いましょう。

 

普通のスクワットが難しい方は、壁や椅子を使ってのスクワットもおすすめです。

 

スクワット壁椅子使い

 

このスクワットは、↓の方向に意識しながら行ってください。

 

手の血管の若返りにぜひ毎日の習慣にしてくださいね!

血管の若返りには、ウオーキングも大切

ウオーキングは誰でもできる、取り組みやすい運動

ウオーキングは誰でもできる、取り組みやすい運動

 

有酸素運動をすると、血管を若返らせる成分が分泌されます。

 

筋トレをしてから有酸素運動をすると、

 

脂肪がすぐに燃焼され始めます。

 

 

おすすめのウオーキング方法

 

ウオーキング中に、お腹を凹ませて、背筋を伸ばす。

 

インナーマッスルが鍛えられる。

 

少し早め、少し広め歩幅で歩く。

 

ちょっとした心がけで有酸素運動の効率も上がり、

 

若返りに効果が大です。

 

血管の若返りのは柔軟性も

血管が硬い人は、体も硬い

 

血管が硬い人は、体も硬い

 

身体が硬いと、血管も硬くなります。

 

ストレッチで関節の可動域を拡げ、血管の柔軟性を高めましょう。

 

肩や肩甲骨までまとめて動かすストレッチをしましょう。

 

肩が固まっていると、手先の血流が行き渡りません。

 

 

 

血管を柔らかくして、手の老化対策にピッタリのストレッチとは?

血管ストレッチ

 

@両腕を前に伸ばし、両方の手を交差させて、
 手を合わせて指を組む

 

A胸の前で腕をねじって手を組む

 

Bこのまま両肩を回す。
 上半身をクネクネさせているような感じで。
 肘が曲がっても気にせずに。

 

 

10秒間。

 

この運動だけで上半身の血行がよくなります。

 

ハンドピュレナの口コミと最安値購入【手の甲血管用ハンドクリーム】 ページトップ