ハンドピュレナ(手の甲ハンドクリーム)のハリと弾力成分・スイゼンジノリ多糖体

スイゼンジノリ多糖体の効果とは?

 

スイゼンジノリ多糖体の効果

スイゼンジノリ多糖体

 

「ハンドピュレナ」のハリと弾力成分として配合されているスイゼンジノリ多糖体。
「スイゼンジノリ多糖体」は別名で「サクラン」とも言います。
スイゼンジノリ多糖体の保湿成分は美容業界でも注目の成分。

 

スイゼンジノリ多糖体(サクラン)は、九州の一部だけに自生し、
ミネラルをたっぷりと含み澄んだ湧き水でしか生息できない
希少という藻から抽出された保湿成分です。

 

 

驚異の保水力とバリア効果

驚異の保水力とバリア効果

 

スイゼンジノリ多糖体の保水力はヒアルロン酸の10倍です。

 

保水力が高いということは、
潤いを長時間キープする保湿成分ということですね。

 

「スイゼンジノリ多糖体」は、
分子量1600万にも達する高分子成分のため、
角質層の内部には浸透せずに、
肌表面に幾重にも重なった天然の保護膜を形成することで、
ナノレベルの細かさで表面を平滑にコーティング、
水のべールを作ってお肌を守ってくれる働きがあります。

 

ハリと弾力の成分・3Dボリュームセラー

3dボリュームセラーの効果

 

3Dボリュームセラーの効果

「ハンドピュレナ」に配合されている、
弾力成分の一つ3Dボリュームセラー。

 

「ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン」の効果とは?

 

抗シワ・抗老化で肌の内側に働きかけて、
加齢によって痩せてしまった手の甲をふっくらに近づけます。

 

「ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン」には、
新しい脂肪細胞の形成を加速、
脂肪細胞の増加や、
脂肪細胞の油分を留め、
肌のボリュームをキープします。

 

口紅やグロスなどのふっくら唇成分としても有名です。

 

ハリと弾力の成分・クロレラエキス

クロレラエキスの効果

クロレラエキスの効果

 

クロレラは河川や湖沼、
湿地などに生息している、
淡水性のプランクトンであるクロレラから抽出されたエキスです。

 

クロレラは様々な健康効果から、
多くの健康食品でも人気です。

 

 

クロレラエキスの美容効果

 

クロレラエキスの美容効果は、
手はもちろん肌を乾燥から守り、
加齢によって生じるくすみやシワ、
しみなどの改善に役立ちます。

 

お肌の細胞を活性化させて老化を防ぐ働きで、
保湿効果や肌のハリや弾力も元となる、
コラーゲンの生成を促進効果が期待できます。

 

また、ハンドピュレナのようにエイジングケアに嬉しい抗酸化作用が高いので、
お肌の老化を肌の内側から防ぎお肌の改善が期待することができますね。

 

浮き出た部分血管のケア実感成分・ナツメヤシ

ナツメヤシ種子エキスの効果

ナツメヤシ種子エキスの効果

 

「クレオパトラの美容食」とも呼ばれる果実。

 

めぐりをスムーズにして引き締めることで、
浮き出た部分も目立たなくする成分。

 

浮き出た部分のケア実感成分
ナツメヤシ種子エキスの効果とは?

 

「ハンドピュレナ」に配合されているナツメヤシ種子エキス。

 

ナツメヤシはヤシ科の常緑高木で「デーツ」ともいわれる
ナツメヤシの種子から抽出される油脂エキス。

 

種子から取れる油は石鹸や化粧品として使われています。

 

種子から取れる油は石鹸や化粧品

 

ナツメヤシ種子エキスは、
血流の巡りが悪くなることで起こる血管拡張に有効的な成分として、
血液の流れをよくし、
滞留を防ぐ働きがあります。

 

手の甲の血管が目立つ原因である血管の拡張に働きかけるというわけです。

 

 

 

浮き出た部分血管のケア実感成分・クダモノトケイソウエキス

手の甲のめぐりをサポートし、
不要なものを追い出す働きがあります。

 

手の甲の血管のめぐりを良くし、
栄養や美容成分がめぐりやすくします。

 

クダモノトケイソウエキス

クダモノトケイソウ果実エキスとは?

 

「ハンドピュレナ」に配合されたてるクダモノトケイソウ果実エキス。

 

そもそも、パッションフルーツの果実から抽出されるエキスのこと。

 

和名は「クダモノトケイソウ果実エキス」ともいわれています。

 

パッションフルーツというと、
ブラジル原産で、東南アジアをなどの
太陽をたっぷりと浴びられる亜熱帯地域で栽培される果物です。

 

成分には、
ビタミンとミネラルがバランス良く含まれています。

 

エイジングケア成分としても注目の成分です。

 

また、リンパ管様構造の形成促進作用、
皮膚微小リンパ管内皮細胞の増殖促進により、
滞りがちなリンパ液の流れを改善します。

 

リンパ機能が向上することで、
老廃物や余分な水分を体内に溜め込まずスムーズに排出するこができます。

 

不要なものを外に出す機能の老化を防ぐことで、
めぐりを良くし、
リンパ機能の低下がもたらすお肌の老化やトラブルの解消のサポートにつながります。

 

くすみの肌ケア成分・マンダリンオレンジ果皮エキス

マンダリンオレンジ果皮エキスの効果

マンダリンオレンジ果皮エキスの効果とは?

 

「ハンドピュレナ」のくすみの肌ケア成分に配合されているマンダリンオレンジ果皮エキス。
ミカン科の常緑樹で日本では「ポンカン・温州みかん」と呼ばれる
マンダリンオレンジの皮から圧搾法で抽出したエキスです。

 

加齢とともに失われるお肌の透明感の維持には、
お肌の奥底からのケアももちろん大切ですが、
表皮の角質部分のキメやツヤを維持することもとても大切です。

 

マンダリンオレンジ果皮エキスは、角質層の細胞にハリを与える

 

角質層の細胞にハリを与え、
皮膚深部からの内部反射光を増やし、
奥行きのある透明感を肌にもたらす働きがあります。

 

肌表面の角層透明度の向上や皮膚明度の向上効果や、
皮膚バリア機能の改善効果もあります。

 

肌のハリと透明感、キメを整えてくれます。

 

肌の水分保持成分・ビタミンC誘導体

肌の水分保持成分ビタミンc誘導体の効果

肌の水分保持成分ビタミンC誘導体の効果とは?

 

ビタミンC誘導体には、
沢山の種類があります。

 

ハンドピュレナ」には、
ビタミンC誘導体である3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸が配合されています。

 

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸とは?

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は新型のビタミンC誘導体です。

 

水溶性と油溶性の両方の性質を持つ珍しいビタミンC誘導体。

 

水にも油にもなじみやすく、
両浸透力が高いのが特徴といえます。

 

また、、「ビタミンC」に「グリセリン」を結合させた保湿性のビタミンC誘導体とも。

 

セラミド産生を促進する働きを持つビタミンC誘導体で、
肌本来の力を高めます。

 

セラミドは外部刺激から肌を守り、
水分を保持する大切な役割をしています。

 

細胞内の抗酸化システムを活性化、
皮膚のバリア機能に重要なセラミド産生を促します。

 

このような働きはのビタミンC誘導体唯一ともいえます。

 

抗酸化作用とセラミド合成促進作用・肌のバリア機能の向上も。

 

肌のバリア機能の向上

 

果物や野菜などに多く含まれ、
誰もが知っているビタミンC。

 

美肌効果も非常に高く、美白効果・シワやたるみの予防・毛穴のトラブル、
ニキビの改善などさまざまな効果が期待でき、
エイジングケアにも欠かせない成分のひとつになっています。

 

エイジングケア成分ビタミンE誘導体

ビタミンe誘導体(酢酸トコフェロール)の効果

ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)の効果

 

ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロールは、
若返りのビタミンともいわれるほど、
高い抗酸化力が魅力の美肌の基本となるビタミンEです。

 

ハンドピュレナのエイジングケア成分には、
ビタミンE(トコフェロール)と、
ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)が配合されています。

 

酢酸トコフェロールとは?

酢酸トコフェロールは、
『ビタミンE誘導体』というビタミンEを水に溶けやすく化学合成したものの一種。

 

体内の活性酸素を除去し老化を防ぐ効果や、
末梢血管の血行を促進させ血流改善の効果に加え、
抗炎症作用による肌あれ防止を期待する効果もあります。

 

ハンドピュレナの口コミと最安値購入【手の甲血管用ハンドクリーム】 ページトップ