乾燥肌の老け手対策にはハンドピュレナに一手間プラス

ハンドピュレナの基本的な使用方法は1日2回塗ることです。
乾燥肌の老け手対策にはハンドピュレナに一手間プラス
この、1日2回は健康な肌の方の話。
ひどい乾燥肌の人や秋から冬のひどく乾燥する場合には、
ほんのひと手間をプラスした塗り方を変えるだけで、
肌のバリア機能を効果的に高めてくれます!

肌のバリア機能を高めれば乾燥肌対策はOK?

乾燥肌の老け手対策には一手間でしっとり潤いを
肌のバリア機能をずっと高い状態で維持する事によって、
肌は外的要因からも守られ、
根本的に乾燥に強くなる仕組みです。

 

肌のバリア機能が低いというのは、
肌の表皮がとても薄い肌の方。

 

アトピー肌やひどい乾燥肌に悩んでいる人に表皮の薄さは共通しています。

 

表皮の薄さは遺伝要素が多いようですが、
遺伝以外に、このような肌質の方は、
血管が浮いて見える、
老け手のような老化が早まると言われています。

起きている活動時間帯は肌の表皮を守ろう!

起きている間のバリア機能を守るには、こんなひと手間が効果的!
起きている活動時間帯には肌の表皮を守ろう!
朝起きてからお昼くらいまでの間は、
「ハンドピュレナ+ワセリン」で肌の表皮を守りましょう。

 

特に皿洗いなどの水仕事を集中してやるなら、
本当は水仕事用の手袋をしてほしいですが、
「ワセリン」は水を弾く性質があり、
なおかつ角質層の水分を蒸発させない性質があるので、
「ワセリン」で潤ってあげてください。

 

*ひどい乾燥肌、日中に水仕事をたくさんする方以外は、
 ハンドピュレナだけで十分です!

化粧水で手に潤いに「ふた手間」

乾燥肌の老け手対策には一手間でしっとり潤いを
ひどい乾燥肌や秋冬に乾燥がひどい方は、
安価の化粧水でいいので、
最初に化粧水で手に潤いを与えてから、
ハンドピュレナを塗ってみてください。

 

その上にワセリンを塗って蓋をするイメージです。

 

ワセリンはドラッグストアなどで300〜400円代で売っています。
量もたくさんあるのに使うのは少量で十分!
かかとやひざ・ひじなどに塗ってもたっぷり使えコスパも良いです!

 

ハンドピュレナの口コミと最安値購入【手の甲血管用ハンドクリーム】 ページトップ