ハンドピュレナと一般的なハンドクリームの違いは?

 

ハンドピュレナと一般的なハンドクリームの違い

 

ハンドピュレナ(HANDPURENA)は

 

『加齢で痩せ衰えた手の甲を若返らせる目的』のクリーム

 

年齢で痩せ衰えた手の甲を若返らせる目的

 

顔よりも年齢がバレてしまう・・・
『手を見れば年齢がわかる』とよくいいますが、
20代の若いピチピチした手と、
60代・70代のカサカサ肌の手では、
見た目からしてかなりの違いがあります。

 

一体どんな点に違いがあるのか見てみましょう。

 

@皮膚と真皮のダメージ
・・・・加齢とともに皮膚は薄くなり、
乾燥してハリもなくなっています。

 

A皮下脂肪の減少
・・・・皮膚の厚みがなくなるせいで、
手の甲の血管が浮き出て見える。

 

B血管の拡張・・・
加齢により血管の弾力がなくなり、
血液の巡りが悪くなることで滞留し血管が太くなり目立つようになる。

 

このような3つの変化が手の甲を老けさせる老け手の原因になっています。

 

ハンドピュレナ(手の甲ハンドクリーム)は、
この3つの『老け手』の原因をしっかりケアできる特殊なハンドクリームと言えます。

 

乾燥対策などの一般的なハンドクリームとは全く別物と考えてください。

 

一般的なハンドクリームの特長は?

 

一般的なハンドクリームの特長

 

 

尿素系のハンドクリームの特長

 

酷い手荒れを起こしていて、
ガサガサと皮膚が硬くなってしまった時に最適なハンドクリームです。

 

また、尿素が配合されたハンドクリームは
硬くなった手の角質を柔らかくする効果も期待できます。

 

でも、尿素配合は刺激が強いという面もありますから、
敏感肌の方やヒビ・あかぎれがひどい場合の使用は注意しましょう。

 

 

ビタミン系ハンドクリームの特長

 

長引くヒビやあかぎれを起こしてしまった時に最適なハンドクリームです。

 

ビタミン配合のハンドクリームは血行促進効果が期待できます。

 

血行が良くなることで、
ヒビやあかぎれで荒れた手肌のターンオーバーを促す働きがあります。

 

ビタミンEは、指先の冷えにお悩みの方にはピッタリのハンドクリーム。

 

ビタミンCは美白や美肌に効果があるので、
ハリのある肌に導いてくれますよ。

 

 

保湿系ハンドクリームの特長

 

潤い不足といった軽度の手荒れにおすすめなのがこのタイプ。

 

成分としては「ヒアルロン酸」や
「セラミド」などが含まれているのが保湿力の高いクリームです。

 

手肌の角質層の奥まで浸透し、
表面の乾燥から肌を保護するだけでなく、
肌の内側からも潤いを高めてくれる効果があります。

 

 

赤ちゃんも使えるワセリンの特長

 

赤ちゃんも使えるワセリンの特長

 

残念ながら、
手荒れの改善・緩和になる成分は含まれていません。

 

でも、手荒れの予防として役に立つのがこのワセリンです。

 

ワセリンは赤ちゃんでも使えるほどの低刺激なので、
安心して使用できるのが良いところですね。

 

手荒れの予防として、
肌に膜を張り、
乾燥から手肌を守ってくれますので、
水仕事の前にワセリンを薄く塗ることもおすすめです。

 

ハンドピュレナの口コミと最安値購入【手の甲血管用ハンドクリーム】 ページトップ